ホワイトホワイトの石井院長が、審美歯科治療を成功させるための考え方やポイントに焦点をあてた記事を発信しています。審美歯科治療の種類やメニューなどではなく、一歩つっこんだチェアサイドの現実的な感覚、治療する側される側、双方の参考にしてください。
→プロフィールを詳しく見る

差し歯の黒ずみはどうなおす?

カテゴリ:セラミック治療 

差し歯の黒ずみはブラックマージンといわれます。差し歯の中と土台の金属成分が流出し、歯質にしみだすのが原因です。さらに、歯茎のラインが退縮することによりますます目立ってしまいます。

bl02-011

ブラックマージンを治すには古い差し歯を削ってはずし、中の土台を注意深く除去して、さらに黒く変色した歯質をできるだけおとします、その後白色のグラスファイバーを中心に土台をたて、金属を含まないオールセラミッククラウンをセットすることにより黒ずみのない美しい前歯をつくることができます。

この治療でとくに注意が必要なのが、古い土台を除去するときに歯根を傷めないようにすることです。強い力を与えすぎると、歯根が破折したり、削りすぎると歯質を貫通しパーフォレイションをおこし、最悪の場合抜歯しなくてはならなくなる可能性があります。最初にレントゲン写真などで歯根の方向や、金属の土台の太さ、長さなどを精査し、タービンで削るのか抜鉗子とよばれる道具を使うのかを注意深くみきわめていきます。

金属を外したあとは、中心に白色のグラスファイバーをたて、レジンで土台を立てます。この時にできるだけ黒く着色した歯質を除去することが重要です。すでにはぐきに染み込んだ黒いいろもほとんど目立たなくなる程度まで回復します。

%ef%bd%b8%ef%be%9e%ef%be%97%ef%bd%bd%ef%be%8c%ef%bd%a7%ef%bd%b2%ef%be%8a%ef%be%9e%ef%bd%b0%ef%bd%ba%ef%bd%b1
また、オールセラミッククラウンをつくるときに歯肉縁下0.5ミリにマージン設定することも大切です、セラミッククラウンが歯茎のきわから中に入り込むことによりまるで歯が中から生えてきたかのような仕上がりになります。

オールセラミッククラウンは周りの歯の色や質感、透明度などをバランスよく再現し白味やグラデーション、透明感などを微妙にあわせるのがドクターと技工士の腕のみせどころです。歯の裏側まできれいに色をあわせることにより、大きな口をあけたり、アップで写真を撮ったりしても安心して笑うことができるのです。

bl02-011bl02-021