今回はどのような症例にマウスピース矯正が向いているかについてお話しします。

出始めの頃、マウスピース矯正は本格的なワイヤー装置を着けた矯正に興味のある方々の補助的な意味合いとしてスタートした感じが強かったです。

しかし最近では相談数、症例数ともに急激に増加し、数的にもワイヤー装置を使った治療を上回る状況に移行しています。

ただ、その中でも大切なことは、根本的にどのような治療結果を求めるのか、またどのようなスタンスで治療に望むのかを明確にし、マウスピースかワイヤーかを選択することだと思います。

例えば、奥歯の噛み合わせが根本的にずれている場合、また骨格的にずれのある不正咬合の場合で考えてみましょう。こういった症例では、その奥歯の根本的なずれをすべて改善する目的で矯正治療に入るのか、そうではなくて奥歯のずれは残したまま前歯の審美的な治療を目的とするのかによって選択は異なります。

また、マウスピース矯正が特に得意とする症例がいつか挙げられます。まず、歯と歯の間にスペースができてしまって、いわゆるすきっ歯の状態の症例。また、一度ワイヤー治療をした後の後戻りが起きてしまった症例、この後戻りの場合は抜歯した治療でも、非抜歯の治療でも有効です。

反対にマウスピース矯正の不得意とする症例は、叢生 (そうせい)が大きすぎて新規に抜歯を必要とする症例や、歯並びの上下方向のガタつきが大きい場合です。この場合でのマウスピース矯正はあまり有効ではありません。

これらのことを踏まえた上で治療方法を検討していくことが重要であると感じます。