差し歯の黒ずみ治療
皆さんは、差し歯治療をした際に前歯を中心に黒ずみが気になってしまったことはないでしょうか?

歯と歯ぐきの間の部分が黒く変色してしまうと、せっかく歯を治療したのに残念な気持ちになってしまいます。

ホワイトホワイトでは、他の歯科医院で差し歯治療を行いできてしまった黒ずみを再治療したいと来院される方が非常に多いです。

今回は、ホワイトホワイトで行っている差し歯の黒ずみの再治療治療のポイントや流れについて詳しくご紹介したいと思います。

 

差し歯の黒ずみの原因

差し歯の黒ずみはブラックマージンといわれます。ブラックマージンは、差し歯の中と土台の金属成分が黒ずみ流出し、歯質に染み出すことが原因で主に起こります。

 

保険治療では差し歯の黒ずみが起こりやすい

特に保険治療の場合、土台に金属を使用しているので、差し歯治療後に時間が経過すると金属が黒ずみとして目立ちやすくなります。

保険治療では、どうしても使用できる素材が限られているので差し歯治療を行ってから時間が経過すると黒ずみであるブラックマージンが発生しやすいのです。

さらに、歯茎のラインが退縮することによって、さらに差し歯の黒ずみが目立ちやすくなります。

差し歯治療を行った後、加齢などにより歯ぐきが下がることで差し歯の黒ずみがさらに見えやすくなってしまいます。

差し歯の黒ずみを再治療する場合、中の土台を白い素材に入れ替えて根本的な原因を解決してあげることで白い差し歯にしていきます。

 

差し歯の黒ずみ治療の流れ

差し歯の黒ずみ治療の流れ では、具体的な差し歯の黒ずみを治す治療方法についてみていきましょう。

 

黒ずみの原因の差し歯を取り外す

まずは、黒ずみの原因となっている古い差し歯を取り外します。差し歯の黒ずみを治すには古い差し歯を削ってはずし、黒ずみの原因となっている中の土台を注意深く除去して、さらに黒く変色した歯質をできるだけ落とします。

 

差し歯に白い土台を立てる

差し歯の黒ずみの原因となる土台
古い土台を取った後で、白色のグラスファイバーの土台を新しく立てていきます。白い土台を立て、土台の上に金属を含まないオールセラミッククラウンをセットすることで、黒ずみのない美しい前歯をつくることができます。

 

歯根を傷めないように注意する

このとき、特に注意が必要なのが、古い土台を除去するときに歯根を傷めないようにすることです。

強い力を与えすぎると、歯根が破折したり、削りすぎると歯質を貫通してパーフォレイションを起こしてしまいます。最悪の場合、抜歯をしなくてはならなくなる可能性があります。

白く美しい差し歯にするためにも、歯根を傷つけないようにすることが腕の見せどころのひとつです。精密かつきめ細かい作業となるので、長年培ってきた技術が必要となってきます。

具体的には、最初に差し歯の歯に対してレントゲン写真を撮影し、歯根の方向や、金属の土台の太さ、長さなどを精査します。その上で、差し歯の歯質部分をタービンで削るのか・抜鉗子と呼ばれる道具を使う必要があるのかを注意深く見極めていきます。

 

黒ずみがしみ込んだ歯質を除去する

差し歯の黒ずみの原因となる金属を外した後は、中心に白色のグラスファイバーをたて、レジンで土台を立てます。この時に、できるだけ黒く着色した歯質を除去することが重要です。すでにはぐきに染み込んだ黒い色もほとんど目立たなくなる程度まで回復します。

 

歯肉緑下に0.5mmのマージンを設定

また、オールセラミッククラウンをつくるときに歯肉縁下0.5mmのマージン設定することも大切です。

差し歯が歯茎のきわから中に入り込むように設計することで、違和感がなくまるで自然に生えてきたかのような仕上がりになります。0.5mmのマージンを設定することで、差し歯を張り付けたような違和感のある印象にならず、自然な仕上がりにすることができます。

差し歯の再治療では、このマージンを設定することがとても重要なポイントです。

 

まとめ:差し歯の再治療は色・バランスが重要

差し歯の黒ずみ治療のポイント 今回は、差し歯の黒ずみを除去する再治療のポイント・流れについて詳しくみていきました。

差し歯の黒ずみを取り除き、左右のバランスを整えることで、口もとの印象はかなり変わります。特に差し歯の黒ずみがなくなったことで、ぐっと若返った印象を与えることができます。

周りの歯の色や質感、透明度などをバランスよく再現し、白味やグラデーション、透明感などを微妙にあわせるのがドクターと技工士の腕のみせどころです。差し歯治療において、特にこの色のバランスにもこだわりきめ細かく設定しています。

また、差し歯の裏側まできれいに色をあわせることで、大きくお口を開けた際やアップで写真を撮ったりしても安心して笑うことができるのです。

ホワイトホワイトの差し歯の再治療について詳しくは、当院の公式サイトもご確認ください。→差し歯をキレイにしたい方向けの治療