歯科治療のひとつであり、前歯に多く使われるラミネートべニア。今回は、そんなラミネートべニアの特徴やメリット、一般的な料金について歯科医師の立場から詳しく解説いたします。

特に前歯の歯科治療をお考えの方は、ほか治療との違いや特徴を知るためにもご参考ください。

 

ラミネートべニアとは

ラミネートべニア治療とは
ラミネートべニアは、歯の表面をごく薄く削り、セラミック製の薄いつけ歯を付着する歯科治療です。セラミック製のつけ歯は、自身の歯が透けるくらいに薄いものとなっています。

歯を白くしたい、すきっ歯を治したいといったご希望に適した方法です。また、特殊な接着剤で薄いつけ歯をしっかりと接着するので、ジルコニアよりは弱いものの、つけ歯が剥がれにくくなっています。さらに最小限の歯質のみを削るので、患者さんの負担もほとんどなくデメリットの少ない方法といえます。

 

ラミネートべニアの特徴

ラミネートべニアは、歯の色を白くしたい方に最も多く適用される治療です。ホワイトニングでは白くならない場合も歯を白くすることが可能で、特に変色の進んだテトラサイクリン歯の場合、ホワイトニングでは白くなりにくいのでラミネートべニアが有効です。さらに、お好みの白さに調整することができます。

また、歯を白くするのと同時に、前歯の形を整えたりすきっ歯の歯と歯の間を埋めることも可能。「少しだけ歯の形を整えたい」「少し歯並びを改善したい」といったご希望を叶えることができます。

 

ラミネートべニアのメリット、デメリット

ラミネートべニアのメリット、デメリットは以下の通りです。

 

ラミネートべニアのメリット

  • 変色の強い歯も白くすることが可能
  • 前歯の形や歯間を整えることができる
  • 施術後も白さが持続する
  • 自分に合った白さにすることが可能
  • 歯を削る量が少ないため、歯への負担が少ない
  • 金属アレルギーでも治療が可能
ラミネートべニアは、歯の色・形・大きさ・歯間を同時に治療することが可能です。特に前歯をキレイに整えたい方に適しています。

また、比較的期間が短くて済み、歯の切削量も少ないので患者さんの負担も少なくてすみます。
 
 

ラミネートべニアのデメリット

  • 保険適用外のため、費用がかかる
  • かみ合わせの状態や強い力がかかった場合には欠ける可能性がある
  • 神経のない歯や詰め物をしている歯には適用できない場合がある
メリットの多いラミネートべニアですが、歯ぎしりをする方やかみ合わせの状態が悪い方は破損する可能性があります。保証制度の整っている歯科医院で治療を受けるようにしましょう。

また、神経のない歯、詰め物をしている歯、虫歯のある歯には適用できない場合もあります。そのような歯に無理にラミネートべニアを行うと、歯が折れやすくなってしまう恐れがあります。治療前にしっかりと診断・検査をうけることが大切です。
 
 

ラミネートべニアの料金

ラミネートべニアの料金 ラミネートべニアは、「シェル」と呼ばれるつけ歯を基本的にひとつひとつオーダーメイドで作成します。自費診療のため、歯科医院によって価格は変わりますが1本につき8万円~15万円が相場となっています。

歯科医院によって費用に差がありますが、相場を外れるほど費用の安い、いわゆる「激安の歯科医院」はよく調べてから受診することをお勧めします。ラミネートべニアに限ることではありませんが、高額になる自費診療を受お考えの場合、しっかりと各歯科クリニックの特徴や診療方針を調べるようにしましょう。

歯科医師として、さまざまな患者さんのお口の中を拝見してきましたが、他院で行った治療がすぐに破損してしまった・雑な治療をされたためにお口の中にトラブルが生じてしまったという方が、多く当院に来院されます。

治療後も保証してくれるか・しっかりとした技術の治療を行っているか・歯に使う材料はちゃんとしたものを使用しているか、口コミやホームページでまずは確認しましょう。一般的に「激安」を謳っている場合はそれなりの条件・リスクのある場合がほとんどです。

特に、歯科医院によっては厚みのあるシェルを付けるために、通常よりも厚く削るところもあります。その場合、歯の削りすぎによって痛みを感じる場合や、歯が折れやすくなってしまうことがあるので注意しましょう。

料金が相場の範囲かどうかに限らず、治療に見合った料金設定となっているかきちんと確認しましょう。

 

 

ラミネートべニアはこんな方に適しています

ラミネートべニアは、ホワイトニングよりも白くしたい方・歯の形態も整えたい方・歯を削りたくない方に適した方法です。また、歯の色をご希望に合わせて調整することが可能なので、ご自身の歯の色を活かした自然な色にしたい・芸能人のような真っ白な歯にしたいといったご希望のある方にも適しています。

治療では、前歯の表面を0.7mmと非常に薄く削るだけなので痛みが出ることはほとんどありません。痛みに対して恐怖心のある方にも、安心して受けていただくことが可能です。

 

 

ラミネートべニアの流れ

ラミネートべニアの一連の流れをご紹介します。
  1. カウンセリングで歯の色を決める・・・・シェードガイドという歯の色見本をみながら、患者さんのご希望に合わせてラミネートべニアの色を決めます
  2. 歯の表面を削る・・・歯の表面にシェルと呼ばれるつけ歯を付けるために歯の表面を薄く削ります
  3. 接着剤でシェルを接着・・・特殊な接着剤で歯の表面にシェルを接着します
ラミネートべニアはカウンセリングをする日と、シェルを接着する日の2日間で通常診療が完了します。

特に、専門歯科の当院では歯の高さや角度、歯の軸の位置をしっかりと整えバランスの良い口元にすることにこだわっています。

当院のラミネートべニアについて詳しくはこちらのページをご参考ください。

ホワイトホワイトのラミネートべニア治療

 

まとめ

ラミネートべニアの特徴や診療の流れを分かっていただけたでしょうか。ラミネートべニアは、特にホワイトニングで効果の出なかった方や歯並び・歯の形も整えたいといった方に人気の歯科治療です。

また、治療にかかる期間も短いことから、ウェディングの前や就活・イベント前にされる方も多いです。歯の色だけでなく、歯並び・歯の形が変わると、お顔全体の雰囲気がパッと明るく魅力的になります。ラミネートべニアをお考えの方は、お気軽にご相談ください。