歯科医院で抜歯後の最終補綴処置として、インプラントかブリッジの選択を問われることがあります。多くの歯科医院では隣の歯を削るブリッジか外科的処置としてのインプラントかそれぞれの特徴が説明されます。

その答えは万人に共通ではなく、一人一人の歯と骨の状態や欠損部位、さらには目的や考え方、さらには価値観などにより千差万別です。それでは、選択の際考えるべきファクターを検証してみましょう。

まず、欠損部位が前歯部か臼歯部か。奥歯の場合は審美的な要因よりも機能性を重視します。特にかみ合わせを構築するうえで奥歯は重要な役割を担います。

詳しくは後述しますが、前歯や対合歯のためにもしっかりと咬合をつくることを第一に考えブリッジとインプラントの治療方法を設計するべきです。ブリッジの場合、臨在歯を削ることになりますが、その対価として見合うだけのメリットが得られるような全体の咬合を見据えた設計が重要です。

前歯部欠損の場合はまず審美的な要因を優先すべきです。多くの場合インプラントよりブリッジのほうが仕上がりはいいと思います。これは骨の吸収に対して、ブリッジの方がフレキシブルに対応できるからです。

つぎに将来的に欠損歯が増えた時に治療をしやすい設計になっているかどうか。とくにインプラントの場合周りの歯の寿命や骨の吸収度を予測して次の手をうてるように設計していきます。

上下左右で最少本数のインプラントでバランスよく咬めるように考えます。今現在だけでなく将来的にも有効な位置にインプラントは打つべきです。場合によっては近い将来にもたなくなりそうな歯を先手をうって抜歯してわざわざインプラントの位置を確保するような考え方もあります。

また、他にも治療期間や回数、費用、麻酔の種類、人工骨添加の必要性、動脈との距離、歯槽骨の吸収度などがインプラントとブリッジ選択の現実的なファクターとして考えられます。

長期的な安定感としては、最近の技術レベルの向上からみて、インプラントのほうが勝っているように思われます。審美的な仕上がりはブリッジのほうに軍配が上がるのではないでしょうか。
最終的には単純にどちらと言い切ることはできません。また、いきなり外科処置をするのではなく、段階的に治療に慣れていくように、最初はブリッジでのちにいよいよインプラントのような考え方もありだと思います。